除菌について

オゾン機器によって新型コロナウィルスをはじめ、多くのウィルス・菌類の除菌効果が実証されています。

オゾン機器が持つ除菌効果について解説させて頂きます。

オゾン機器によってウイルス除菌ができる!!

昨今社会問題にまで発展している、院内感染。

従来病院内では、薬剤によるくん蒸や噴霧、清拭、紫外線等が用いられております。

しかし、薬剤の使用はその有害性が環境や人に与える影響や、耐性菌の出現が問題視されており、また紫外線も影の部分が殺菌出来ないといった面もあります。

弊社が自信を持っておすすめさせていただく、オゾンによるくん蒸では、残留毒性と耐性菌の発生が無く、隅々まで効果を発揮することが出来ます。

コロナウィルスに対する除菌効果

2020年に入り、新型コロナウィルスが猛威を振るいましたが、そんな中で注目を集めていたのがこの「オゾン発生機器」です。

各研究機関で「オゾン」の除菌効果が実証されており、コロナウィルスへの対策として有効と認識されるようになりました。

日本のエレクトロニクス関連メーカーが販売している空気清浄機には、殺菌や脱臭といった効果をうたう粒子を放出するものが多い。メーカー各社が名付けた粒子の例としては、シャープの「プラズマクラスターイオン」やパナソニックの「ナノイー」がある。

ところが、そうした粒子自体には殺菌効果がほとんどなく、実際の殺菌は、同時に発生するオゾンが担っているとする論文が公開されている。2012年4月に開催された第86回日本感染症学会総会で発表され、同年11月20日に発行された「感染症学雑誌 Vol.86 No.6」に座長推薦論文として掲載された「殺菌性能を有する空中浮遊物質の放出を謳う各種電気製品の、寒天平板培地上の細菌に対する殺菌能の本体についての解析」である。

発表したのは、国立病院機構 仙台医療センター 臨床研究部 ウイルスセンターの西村秀一氏。論文では、シャープの「プラズマクラスターイオン発生機」、パナソニックの「ナノイー発生機」、キングジムのイオン発生式空気清浄機「ビオン」の三つの機器について殺菌能力を調べた。その結果、極めて狭い空間では、製品に一定の殺菌効果があることを確認できた。

引用:日本経済新聞

健康には影響がないとされる程度のオゾンガスを使った実験で、新型コロナウイルスの感染力を抑える効果があったとする結果を、愛知県にある藤田医科大学が発表しました。

藤田医科大学によりますと、これまでに高濃度の「オゾンガス」は、新型コロナウイルスの感染力を抑制する効果があることが報告されていますが、人体への毒性があることが課題となってきました。

藤田医科大学の村田貴之教授は、密閉した容器の中に新型コロナウイルスを付着させたステンレスを入れ、容器の中で日本の作業環境基準で健康には影響が出ないとされる「0.1ppm」という低濃度のオゾンガスを発生させて影響を見る実験を行いました。

その結果、湿度80%の条件のもとでは、10時間後には感染力のあるウイルスの量が、処理しなかった場合の4.6%にまで減少したということです。

~中略~

藤田医科大学では、今回の実験結果を踏まえて、来月から病院の待合室や病室などにオゾン発生器を設置することにしています。

引用:NHK

インフルエンザウィルスの不活化

オゾンによるウイルスの不活化の実験は数多く行われています。

その中でもより注目されているのが、インフルエンザウイルスの不活化です。

シャーレ内のインフルエンザウィルスを濃度20ppmのオゾンガスにさらし続けることで、インフルエンザウイルスの99.999%を不活化出来る、という実験結果も報告されています。

オゾン除菌の原理

微生物の細胞や粒子を構成してる種々の生体成分が、オゾンによって直接酸化分解され、著しい変性と障害を受けて、増殖や生存が不能になります。

不活化とはこのことを指しています。

オゾン機器のデメリット・注意点について

上記でお伝えしたオゾン機器のメリットと同時に、デメリットや注意点についても見ておきましょう。

オゾンの残留毒性とは?

オゾンは非常に不安定な結びつきによって出来ているため、時間経過と共に酸素へと戻っていきます。
そのため、残留性がなく、安全なのです。

オゾンに対する耐性菌の発生はある?

薬剤による除菌を行っていた場合、その薬剤に対する抗体が菌に発生し、耐性菌の発生へと繋がることが報告されています。
ですが、オゾンは細菌を直接酸化分解するため、耐性菌が発生することはありません。

㈱IHI社様によるオゾン除菌試験の対象菌

IHI社様より公開されているオゾンによる除菌対象となる菌になります。

  • MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)
  • MSSA(メチシリン感受性性黄色ブドウ球菌)
  • 緑膿菌
  • 枯草菌
  • 表皮ブドウ菌
  • 大腸菌
  • 真菌
  • 肺炎桿菌
  • ブドウ糖非発酵グラム陰性桿菌
  • ヒト結核菌
  • ヘルペスウイルス
  • ウデノウイルス
  • インフルエンザウイルス
  • エイズウイルス
  • エントロバクター・クロアカエ
  • ナイセリア種
  • コリネバクテリウム
  • アシネトバクター種
  • セラチア
  • 新型コロナウィルス

水やエネルギー、産業機械などの各種設備のご提案
PAGETOP
Copyright © 株式会社オーエス・エンジニアリング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.